フリーランスエージェント選びは口コミや評判も含めた総合的な選び方が重要!エンジニアの方におすすめの会社を厳選して紹介します!

Midworks(株式会社 Branding Engineer)の画像

いよいよこのサイトでご紹介するエージェントもラストとなりました。近年、注目されている保有案件数3000件以上のエージェントMidworksをご紹介します。

Midworksには大手から中小企業までさまざまな案件が揃っており、個人ではなかなか受けられないような案件も提示してもらえるようですから、チャレンジしたいという方にはぜひ注目してほしいですね!

また、Midworksは正社員とフリーランスそれぞれの良い特徴をあわせ持ち、社会保障を受けながらも大きく稼げる可能性がある仕組みを提供していますので、社会保障の面で不安があるというフリーランスの方にもおすすめです。

会社名 株式会社 Branding Engineer
設立日 2013年10月2日
所在地 <本社オフィス>
〒150-0044 東京都渋谷区円山町28-3 いちご渋谷道玄坂ビル5F
<渋谷第2オフィス>
〒150-0044 東京都渋谷区円山町5-5 Navi渋谷V 10階
<宮崎オフィス>
〒880-0805 宮崎県宮崎市橘通東3-6-34 クロノビル1F
<渋谷第3オフィス>
〒150-0044 東京都渋谷区道玄坂1-15-14 ST渋谷ビル6F
<渋谷第4オフィス>
〒150-0044 東京都渋谷区円山町25-5 YMプリントタワー4F
<大阪オフィス>
〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-5-4 千代田ビル西館6階A号室
役員 代表取締役CEO 河端 保志
代表取締役COO  高原 克弥
取締役 金沢 大輝(営業本部管掌)
取締役CFO 谷邊 紘史(コーポレートマネジメント本部管掌)
社外取締役 長尾 卓(非常勤)
執行役員 加藤 真
執行役員 澤田 修洋
監査役 常勤監査役  川村 英樹
非常勤監査役 沼田 雅之
非常勤監査役 浅利 圭佑
資本金 128,718 千円
事業領域 ITを活用したサービス事業
事業許可番号 一般労働者派遣事業許可番号「派13-306090」
有料職業紹介事業許可番号 「13-ユ-307261」

Midworksの特徴やメリット

Midworksの画像2

Midworksとは?

Midworksは、IT系のフリーランスエンジニア・デザイナーを対象にしたエージェントです。登録者のスキルや希望を考えた最適な案件紹介のほか、契約や交渉の代行などもおこなっています。案件数も多く、公開案件から非公開案件まで用意されており、ネットでは見つからないような人気企業の案件も提案される可能性があるようです!

豊富な案件数

Midworksでは大手企業から中小企業まで、業界最大級の数の案件を保有しています。その中にはフリーランス個人では参画できないような案件も多数あるので、登録をすることで仕事の幅が広がるのではないでしょうか。

Midworksのホームページでは、希望単価やスキル、週出勤回数、エリア、ポジションを指定して公開案件を検索することができますので、具体的にどのような案件を取り扱っているのか、ぜひチェックしてみると良いでしょう。

正社員と同じ保障が受けられる

Midworksを利用する一番のメリットは、フリーランスでありながら「正社員並みの保障」が用意されているという点です。具体的にご紹介しましょう。

〇フリーランス協会について
Midworksの利用者は、事業主や副業・複業ワーカーのための保険・所得補償制度・福利厚生サービスを提供している「一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会」の“ベネフィットプラン”に、年会費通常1万円のところ実質無料で加入することができます。

“ベネフィットプラン”に加入すると、フリーランス賠償責任補償が付帯されますので、業務中の事故はもちろん、情報漏洩や著作権侵害、納期遅延など、フリーランス特有の賠償リスクにも備えることができます。

任意の所得補償制度に加入すれば、怪我や病気などで万が一働けなくなった場合に保険金を受け取ることができます。しかも保険料は個人で加入するよりも40%もお得です。

また、「WELBOX」という福利厚生サービスを利用することも可能になります。定期的な健診や人間ドッグを会員価格で受診できる/ビジネススクールやカルチャースクールを会員優待で利用できる/保育施設やベビーシッターを会員優待で利用できるなど、お得なサービスが盛りだくさんになっています。

さらに、「弥生」、「AI-CON」、「アメリカン・エキスプレス」、「ChatWork」、法律事務所など、賛助企業によるバラエティ豊かな独自優待も多数用意されています。フリーランス業務をサポートしてくれるさまざまなサービスを活用することで、充実したフリーランスライフを送ることができます。

〇税務保障について
Midworksの利用者は、クラウド会計ソフト「freee」の“個人事業主向けスタンダードプラン”を、通常月額1,650円のところ無料で利用する事ができます。

また、税理士による確定申告セミナーが定期的に開催されており、個別の悩み相談の時間も設けられるので、初めてフリーランスになる方でも安心です。

税務自体を外部委託したいという方には、顧問税理士を無料で紹介してもらうことができます。顧問契約に至った場合は独自のキャッシュバックもあるので、個人で契約するよりも非常にお得です。

〇保険・年金について
Midworksの利用者は、社会保険や雇用保険、厚生年金に代替するものとして、保険代理店を紹介してもらうことができます。案件受注期間中は保険料の半額をMidworksが負担してくれるので、実質労使折半が叶います。

また、万が一仕事が途切れてしまった場合に備えた給与保証制度(給与サポートシステム)も用意されています。収入が途絶えてしまう可能性があることが一番の不安材料であるフリーランスという働き方ですが、Midworksの給与保証制度を使えば、月額契約単価の80%を日割りで受け取ることができるので、安心して次の仕事を探すことができます。

〇福利厚生について
Midworksは福利厚生サービス「リロクラブ」と提携しています。ホテルやレジャー施設の優待利用、育児支援や介護支援、家事代行やペットのお世話、車に関するサービス、各種レストランの優待利用など、あると嬉しいさまざまな福利厚生サービスを利用することができます。

マージンが公開されている

通常、エージェントのマージン率は25%~30%と言われていますが、その多くは非公開となっています。そのため、フリーランスの方が自分自身の適正な市場価値を把握できないというのが現状です。

しかしMidworksでは、フリーランスの方に適正な市場価値を把握してほしいとの思いから、発注金額・マージンを公開しています。保障も組み合わせたマージン率は実質10%~15%と、業界トップクラスの低マージン率となっています。

コンサルタントのサポートが丁寧

業界に詳しいスタッフが、案件探しから参画後まで細かくサポートしてくれます。条件の調整やキャリア相談、精神面でのフォローなど、登録者に寄り添った丁寧な対応をしてもらえるでしょう。

月1回のヒアリングやLINEでの相談も受け付けているそうですから、担当スタッフと気軽にコミュニケーションが取れそうですね。

一方で、厳しい意見も…?

“業界を熟知したコンサルタントによる手厚いサポート”をメリットとして掲げているMidworks。しかし一部では、以下のような厳しい口コミもありました。

・留守電にメッセージを残してくれず、不在着信のみ
・スタッフに、心の余裕がないように感じる
・要領を得ない回答ばかりで、自社の仕組みを分かっていないように感じられた
・面談は会議スペースでは無くロビーで行われ、個人情報保護の観点でも会社として如何なものかと感じた
・電話面談で領域外の人に担当され、曖昧な返答しかもらえなかった
・クスクス笑いながら対応され、教育がなっていないと感じた
・翌日の面接について朝にメールを送りますと言われていたのに届いたのが22時など、レスポンスが遅い
・後日連絡すると言われたが、連絡がこなかった
・労使折半の手続きが遅い

これらの悪い口コミを見ると、どうやらMidworksの問題点は人手が足りていないことと新人教育が行き届いていないことなのではないかと推測できます。人手が足りないということは、案件数や利用者が多いということの裏返しなのかもしれませんが、一企業として新人教育はしっかりと行うべきですし、どんな事情があれ利用者に対しては誠実な対応をしてほしいものですね。

申し込み方法について

Midworksの画像3

ここからは、Midworksへの申し込み方法やサービスを利用する上での流れについてご紹介します。

①登録
公式HPの簡単なフォームに必要事項を入力して送信します。登録は1分程度で完了!確認の自動返信メールが届いた後、3営業日以内にスタッフから電話連絡がありますので、焦らずに待ちましょう。

②カウンセリング面談
スキルシート(デザイナーの方であればポートフォリオも)を持参して、カウンセリング面談に臨みましょう。これまでの経歴、経験した業務規模や内容、開発環境はもちろん、現在持っているスキルや今後のキャリアプラン、希望する収入、働き方などについて詳しく伝えることで、より条件に合った案件を提案してもらうことにつながります。カウンセリング面談で話す内容についても、あらかじめ用意しておくようにすると良いでしょう。

また、将来の夢や趣味などについて聞かれることもあります。「クライアントに人物像を伝えやすくするため」、「適性や志向性などを確認するため」、「今後のキャリアパスについて幅広い選択肢の中からアドバイスをするため」などの目的がありますので、あまり難しく考えず、自分自身のことについて率直に伝えるようにしましょう。

Midworksのコンサルタントは、面談で聞いたひとりひとりのスキルや希望、さらに業界の動向を踏まえた上で、今後より伸ばしたほうが良いと思われるスキルなどをアドバイスしてくれます。

③商談
カウンセリングをもとに、最適だと思われるいくつかの案件を紹介してもらいます。その中から気になる案件を自由に選び、発注元のクライアントとの商談へと進みます。商談経験が浅く苦手な方でも、コンサルタントから事前に説明と助言をしてもらえますから、落ち着いて商談に臨むことができます。

商談では、コンサルタントが主となって話を進めてくれます。お仕事を始めたい日にちや希望の報酬、残業時間など、少し質問しづらいような内容も、コンサルタントが代わりに確認してくれるので安心です。条件などの面で合意に至れば、無事契約となります。契約は直接クライアントと交わすのではなく、クライアントとMidworksが締結する形になります。

④参画・フォロー
契約締結後、いよいよ業務開始です。職場の雰囲気や仕事内容、働きやすさなどについてのヒアリングを徹底するなど、参画後2週間は通常よりも手厚くフォローしてくれます。その後も月に1回以上は定期的にヒアリングを行い、内容によってはクライアントにも共有することで、現場改善などに役立ててもらうこともあります。

対面での面談だけでなくLINEでも相談に乗ってくれるので、不安なことや疑問点があればいつでも連絡を取ることができます。また、コンサルタントとより気軽に仲を深められるよう、無料のランチ相談会が行われることもあります。

Midworks(株式会社 Branding Engineer)の画像1

Midworks(株式会社 Branding Engineer)

エンジニアを支援する体制が整っている

公式サイトで詳細を見る

その他のサービス

Midworksの画像

嬉しいリモート案件特集

新型コロナウイルスの流行をきっかけに、リモートワークを積極的に取り入れる企業が急増しましたよね。もちろんそれ以前から、働き方改革の一環としてリモートワークを活用していた企業もあるでしょう。

リモートワークとは、自宅やカフェ、コワーキングスペースなど、会社以外の場所で仕事を行うことです。通勤のストレスがない、通勤に充てる時間をほかのことに有効活用できる、子育て中でも無理なく働くことができるなど従業員側のメリットはもちろん、出社可能範囲に住んでいない優秀な人材を採用できる、オフィスの維持にかかる費用を削減できるなど雇用者側のメリットもあります。

フリーランスの方も、リモートワークを希望する方は多いのではないでしょうか。Midworksではそんなリモートワーク希望の利用者のために、“コロナに負けるな!リモート案件特集”というページを用意しています。そこに掲載されている案件をいくつかご紹介しましょう。

〇広告運用SaaSの開発
〇自社サービスのフロントエンドの開発業務
〇Ruby学習をサポートするメンター(講師)募集
〇大手コンビニDWH構築支援
〇【Python】カメラ映像を利用した画像解析(複数候補あり)
〇【SQL】外資系AIサービス、日本展開支援
〇【Python】広告配信系のSaaSの開発案件
〇クレジットカードサービスのサーバ開発保守
〇【Windows Server】Technical調査・分析業務
〇【Python】受託開発プロジェクト支援
〇【iOS(Objective-C)】iOSエンジニア(プロダクト改善)
〇【PHP】相続関連のプラットフォーム開発(サーバーサイド開発)
〇幼稚園・保育園向け写真販売システム開発のサーバーサイドエンジニア(PHP)
〇【PHP】飲食系SAASのサーバサイド開発案件

いかがですか?もちろんホームページに掲載されているのは公開案件のみですので、非公開案件であればさらにたくさんのリモート案件を保有しているものと思われます。リモートワークを希望しているというフリーランスの方は、コンサルタントに対してあらかじめ希望を伝えておくと良いでしょう。

株式会社 Branding Engineerが展開しているその他サービス

株式会社 Branding Engineerではフリーランスエンジニアのエージェントだけでなく、エンジニア全般に役立つサービスが充実しています。就職・転職支援の「テクスタ」、ライフスタイルマガジン「マヨネーズ」、プログラミングスクール「tech boost」、情報サイト「Tap-biz」の運営もおこなっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はMidworksの特徴や申込み方法、登録者をサポートするサービスなどについてご紹介しました。特にMidworksを利用すると「社会保障を受けながら高い報酬が得られる可能性がある」というメリットがありましたね。旅行やグルメクーポンの用意も嬉しいポイントです。

またスタッフのサポート力や税務処理関係にも力を入れていますので、詳しく知りたい方は公式HPをチェックしてみてください。個人的には今後身につけておきたい技術やキャリアプランも含めてアドバイスしてくれるということを聞いて「本当に登録者のことを考えてくれているんだ!」と感じました。「幸せに働くエンジニアを増やし、社会貢献する」という目標も掲げていますから期待できるのではないでしょうか。

Midworksでは公式HPの無料会員登録フォームから紹介の申込みを受け付けています。気になる方は、是非利用登録をして提案してもらいましょう。人物像や適性・志向性を正確に把握しつつ最適な道を提示してもらえるかと思います。

Midworks(株式会社 Branding Engineer)を利用した方の口コミ・評判を集めてみました!

満足しています

Midworksでエージェントを使っています。
エージェントの方の説明は丁寧で、サポート内容も充実していると感じています。
交通費負担や確定申告ソフトを無料で使え、マージンも公開して頂いているので安心です。
定期面談でもサポーターの方が会いにきて状況を詳しく聞いてくれるので満足しています。

引用元:https://www.google.com/

→Midworksを利用している方の口コミを見ていると、やはり各種保障や交通費負担、福利厚生などの充実したサポート内容に満足しているというコメントが多く見受けられました。「正社員並みの保障」はMidworksの一押しポイントでもあるので、初めてフリーランスになる方や、保障の面で不安のある方でも安心して利用できるのではないでしょうか。

またこちらの投稿者さんによれば、コンサルタントの対応にも満足しているということ。定期面談でこちらの状況を詳しく聞いてくれるなどの対応をしてもらえると、親身になってくれていることが実感できて安心ですよね。

悪い印象

HP見ると良いこと書いてるけど、実際の対応を見ると結局フリーランスとかSESの人材を下に見ているのかなという印象だった。

引用元:https://www.google.com/

→こちらの投稿者さんは上の投稿者さんとは逆に、コンサルタントの対応に悪い印象を抱いたようです。一体どのような理由でそう感じたのでしょうか。たまたま体調不良だったとか、プライベートで嫌なことがあったなどの事情があるのかもしれませんが、利用者の方にそんな態度を取ってしまっては、プロのコンサルタント失格ですよね。

たった1人対応の悪いコンサルタントがいたというだけで、その会社が悪い会社だと決めつけるのはおかしいですが、利用者としては担当コンサルタントの印象がその会社全体の印象に直結します。どのコンサルタントが担当になっても、気持ちの良い対応をしてほしいものですね。

サイト内検索
記事一覧

おすすめのフリーランスエージェント一覧

イメージ
会社名レバテックフリーランスギークスジョブPE-BANKMidworksフォスターフリーランス
マッチング精度の高さが強みのフリーランスエージェント。セミナーやwebサービスでフリーランス活動をサポート。利用者満足度が高い、エージェントサービスのパイオニア。エンジニアを支援する体制が整っている案件数の多さとサポート体制が特徴。
詳細リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら