フリーランスエージェント選びは口コミや評判も含めた総合的な選び方が重要!エンジニアの方におすすめの会社を厳選して紹介します!

フリーランスエージェントの働き方って実際どうなの?

公開日:2019/11/01  最終更新日:2019/11/29

グローバル化によって現在では、幅広いライフスタイルとワークスタイルの中から最も自分にあった生き方を選択することが、よりよい人生を過ごす方法だと考える人が増えています。

その中でも近年特に注目を集めているのがフリーランスエージェントとしての働き方です。

フリーランスエージェントとしての働き方とは何か?

フリーランストエージェントとしての働き方とは、特定の企業に所属せず仲介企業を利用した上で個人事業者として様々な企業から依頼を受け、個別に報酬を受取るという働き方です。仕事の性質上システムエンジニアやアーティストなど、特殊な専門スキルを持っている人たちが、この生き方を選択することが多いです。

フリーランスエージェントに類似するものにはエージェントを利用せず、完全に自分一人で仕事を探して受注するフリーランスが挙げられます。エージェントを利用しない分、仲介料などが必要なく報酬を最大化できるのがフリーランスのメリットです。

しかし専門職としての仕事を行いながら、それと平行して自分で仕事を探したり、受注や報酬の支払いなどに関する様々な事務手続きを行うことは、かなりの時間と労力が必要になります。そのため大多数のフリーランサーは仲介料を払う代わりに、こうした事務手続きを代行してくれるエージェント企業を利用した、フリーランスエージェントとしての生き方を選択しています。

こうした生き方を選択する場合、他の人には真似のできない専門スキルを持っていた方が何かと有利で、実際多くのフリーランサーは最初のうちは企業に所属してスキルを学び、十分な実力を得た後で独立していますが、学生時代からしっかりと勉強をしていれば大学卒業後にすぐにフリーランスエージェントになることも可能です。

なぜフリーランスエージェントが人気となっているのか?

現代の日本ではエージェント企業を仲介してフリーランスとして働く人が増えています。いったいどうしてこうした新しい生き方を選択する人が増えているのでしょうか?

それは終身雇用制の崩壊とそれにともなう労働者の企業に対する不信感の増加が理由です。かつて日本は世界で最も成功した社会主義国家であるとジョークで言われるほど、国民全員が安定した生活の送ることができる社会を作り出すことに成功した国でした。

ですが1990年代に入ると日本の経営者はリストラによる人件費の削減など、欧米型資本主義の悪い部分ばかり 取り入れるようになります。それまでの日本人は自分が働く会社を第二の家族のように考えて生きてきましたが、マイホームを購入し家族を養えるようになったタイミングで、いきなり会社を解雇されるのが当たり前になった世の中では、愛社精神を持ち会社のために命を賭ける生き方をする方が難しいというものです。

結果として現代の日本人は自分をいつ切り捨てるのか分からない企業に依存して生きるのではなく、自分の必要に応じて企業と契約して働くというライフスタイルに価値を見出すようになったのです。今はまだ年配の方の中にはフリーランスとして働くという生き方を、不安定でよくないものとして否定的に見る人もいますが、そうした考え方は今後古臭いものとして淘汰されていくでしょう。

フリーランスエージェントとして生きるのはありなのか?

結論から言ってしまうとフリーランスエージェントとして生きるというライフスタイルは、多少のリスクはあるもののそれに見合うメリットがあるといえます。リスクとは独立した個人営業者であるために、会社からの庇護を受けられないという点です。

しかし会社に所属していたとしても、現代は真面目に働いていれば定年まで何の心配もなく出世できるという時代ではありません。むしろサラリーマンとして会社の理不尽を我慢しなくていいのはメリットであるとすらいえます。

またフリーランスは十分な専門スキルさえ持っていれば、若年者であっても高額の報酬を得ることが可能です。たとえば人材の獲得競争が激しい、ソーシャルゲームの開発現場などでは、優れたゲーム開発スキルを持っていれば月100万円近い報酬を稼ぐことも不可能ではありません。

完全なフリーランサーと違い、フリーランスエージェントはエージェント企業による福利厚生サービスを受けられます。サラリーマンがローリスクローリターン、フリーランサーがハイリスクハイリターンな生き方であるとするならば、フリーランスエージェントというワークスタイルはミドルリスクミドルリターンな生き方であると言えるでしょう。全ての人間がこの生き方に向いている訳ではありませんが、積極的にスキルアップするなど向上心が強く、自由に生きたい人にはおすすめできます。

 

上手く仕事を選べば20代や30代でも高額の報酬が得られるため、専門的なスキルを持っていて向上心が強く、自由な生き方を好む人にはおすすめできます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧