フリーランスエージェント選びは口コミや評判も含めた総合的な選び方が重要!エンジニアの方におすすめの会社を厳選して紹介します!

フリーランスエージェントで仕事をしたい!資格は必要?あると有利な資格はある?

公開日:2020/07/15  最終更新日:2020/07/09

フリーランスエージェントで働きたい、フリーなので取引先を増やして収入を増やしたい、という人は少なくないでしょう。一般企業であれば資格取得も何らかのメリットが働くことが多いのですが、フリーランスエージェントと働く場合はどうなのでしょうか。

フリーランスエージェントと働くのに資格は必要?

まず、結論から伝えますと、そもそもフリーランスエージェントと働く際に何らかの資格が必要かというと、必ずしもそうではないのが現状です。 たしかに資格の有無はそのフリーランサーの業務内容やスキルを判断するのに有効に働きますが、必ずしもないと働けない、というようなものではありません。

それではどういう現場であれば必要なのかというと、いくつかのケースに限られます。 例えば地方でのフリーランス仕事の際に客先に向かうために自家用車を使う時には、必ず運転免許証は必要でしょう。ついでにこの時は車がある事や民間の保険に加入しているかどうかまで判断される場合もあり、このような場合は必ず運転免許が有効なことが何よりも大事だとされます。ただ、このケースの場合、基本的には案件の紹介の際に必ず車の利用について説明があるでしょう。

次に、フリーランスエージェントに発注する客先が、必ずこの資格を持っている人ではないといけないと指定したケースです。例えばWebの仕事をやる時にはWeb関連の資格所有者、というように限定するケースがあります。  ただ、どちらもレアだったり、あまり件数が多い訳ではありません。選考やクライアントの対応時に何らかの形で有利になる可能性はあるかもしれませんが、絶対になくてはならないというほどの重要性がある案件はかなり特殊なケースが多いでしょう。

資格がある事で登録時は有利になるかもしれない

一方、資格がある事でフリーランスエージェントからの選考を受けたり、クライアントと働く場合に有利になる可能性は否定できません。

その代表的な理由としては、職歴や経歴を見た際に、フリーランスエージェントの人はその人がどういう仕事をしてきたのか、どういうスキルがあるのかをチェックします。このスキルチェックの際にこれまでこういう仕事をしてきましたとか、趣味でこういう技術の経験があります、というだけではなく、資格があると知識や技術がある事を客観的に証明できるため有利になるのです。

特に有利になるのはいくつかのものに限られます。 まず、ひとつはトレンド言語や需要の大きな言語、またそれらに関連する技術への資格です。 この資格は基本的に言語の名称がついている資格や、その技術名のものなどがあるといいでしょう。特に上級のものほど、難しいものであればあるほど重宝される傾向があります。

次に国家資格は知名度も高く、技術力のアピールになりますので取得できるなら取得しておいた方がいいでしょう。 ただ、基本情報技術者や応用情報技術者よりも、高度情報処理技術者試験と言われる様々な分野の専門的で高度なものを所有しておいた方が圧倒的に技術力も高く、信頼性の高い技術者ではないかと判断されます。

また、ベンダーが実施するオラクルマスターなども技術力を証明できるため、取得しておくのに越したことは無いでしょう。

それだけでは仕事にならないが、あると便利!

どのフリーランスエージェントでも、最も重視するのはやはりその人の来歴や作品・製品、どういうプロジェクトにかかわってきたかという事で、その人にどういう技能があるかを見ます。

このため、フリーランスエージェントでは基本的にどこでもスキルシートなどに免許などの記入欄があり、そこに記入することが多いでしょう。この時、有名な国家試験の合格実績や、技術力が証明できるようなものがあればやはりフリーランスエージェントとしても安心してクライアントに紹介できるのです。

ただし、こういった業界ではただ取得しているだけでは使い物にならない人がいる、という点も忘れてはいけないポイントです。来歴や制作したプロダクトが優秀であることが何より大事な点ですし、その人の技術力を証明できるものだという点は忘れてはいけません。 このため、ただ取得しただけでは何にもなりはしないという側面があり、実際には有利に働くばかりでもない場合も見られます。

その一方で、明確な作品や来歴があり、その内容に沿うような技術がある事が証明できれば、取得したことがより有利に働くでしょう。特にトレンドの技術や注目を集めているような内容の物であれば、様々な形でプラスに働く可能性もあります。 また、個性的な資格であればユーモアがあり個性をアピールする事が出来たり、時にクライアントの理解に繋がったり、話題になって印象に残る場合もあるでしょう。

 

フリーランスエージェントと働く場合、取得しただけではそこまで有利に働くものではないかもしれませんが、能力や熱意をアピールできる場合もあります。また、明確に仕事の取得に有利になるものもありますので、積極的に取得していきましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧