フリーランスエージェント選びは口コミや評判も含めた総合的な選び方が重要!エンジニアの方におすすめの会社を厳選して紹介します!

失敗したくない!フリーランスエージェントで契約する際に注意するポイントとは?

公開日:2020/01/15  最終更新日:2020/01/22

いろいろなフリーランスエージェントがありますが、どのエージェントが良いのか分からないこともあるのでしょう。近年増加傾向にあるフリーランスエージェントを見極めるポイントがいくつかあり、契約する際に注意した方が良いことがあります。

エージェントの質によって月額単価が変わるので、いくつか比較検討して選ぶことをおすすめします。

アクセスしやすい場所がおすすめ

フリーランスエージェントを選択するにはいくつかポイントがあり、オフィスまでのアクセスが良いところがおすすめです。アクセスの良い場所に仕事場があることは、事業が安定している証とも言えるでしょう。

駅に近かったり、人通りの多いエリアにオフィスを構えているところは多く、これからしばらくお付き合いするようになるエージェントのオフィスになるのでアクセスしやすい方が便利です。オフィスに清潔感があったり、会議室があるような場所がおすすめです。

エージェントはスキルシート身分証や職務経歴書などいろいろな書類を取り扱い、中には機密性が高い個人情報を取り扱うこともあります。面談や相談時に利用する会議室があると、個人情報保護の意識などが高かったりセキュリティレベルも高いことに繋がるので安心です。フリーランスとしていろいろな話をしたり、契約する際はきれいな個室の方が良いでしょう。

準委任契約書に瑕疵担保がないことも重要なポイントです。瑕疵担保は契約書で規定された一定期間内の場合、サービスや商品などを納品した後に見つかった欠陥を無償で対応したり、損害賠償を支払う責任を負うものです。

瑕疵担保は請負契約上において課される責任で、準委任契約には適応されません。準委任契約は役務提供になり、準委任契約書に瑕疵担保責任などが含まれている企業は注意しましょう。損害賠償金額の上限や契約解除は双方合意の上になっているかも、優良なエージェントを見極める基準になります。

案件を多く持っているところがおすすめ

フリーランスエージェントの支払いに関して必ず確認しましょう。エージェントの中には支払いが短い傾向のものがあり、下請代金の支払遅延の禁止が定められています。

親事業者は物品などを受領した日から起算し60日以内に定めた期日まで下請代金を支払わないと下請法違反になります。支払いが60日以内でないものは下請法違反にあたる仕組みです。いろいろなエージェントが登場していて、支払いが30日以下のところも存在しています。

フリーランス案件の豊富や質もポイントで、優良なエージェントは豊富な案件を保有しているものです。保有数が多いことはクライアントからの信頼の証拠になり、営業の質が高かったり熱心であることも考えられます。掲載されている情報量を確認することをおすすめします。情報量が多いとそれだけ案件を理解している可能性も高いです。

既に募集が終了しているものを求人サイトなどに掲載している企業もあるので、実際求人や案件サイトに掲載されている案件に応募することができるか聞いてみる方法もあります。その業者にだけ紹介されている非公開を保有している場合もあり、一度フリーランスエージェントに問い合わせしてみることをおすすめします。

契約する前にいくつか業者を比較検討してみたり相談してみると、希望に合致したものが見つけることが可能です。もし金額の交渉をお願いしたい場合、親身に耳を傾けたりクライアントと調整する担当者を見つけましょう。

さまざまなサービスを提供している

中には確定申告や交流イベントといったサポートを利用することができます。一緒に仕事をすることになるので、フリーランスを大切にしてくれる業者が良いです。

いろいろなサービスを利用することができ、例えば確定申告のサポートをしてくれたり、福利厚生サービスや登録フリーランスの交流会などに参加することが可能です。フリーランスの満足度をアップするため予算を使っている業者が多く、そのような部分に予算を割ける業者は財務状態も良いと言えます。仕事を相談するなら、福利厚生を整えているエージェントがおすすめです。

フリーランスは案件に参加してからが仕事の本番ですが、案件に参加した後も定期的に確認したり、現場における稼働状況を気にしてくれる担当者がいると心強いです。エージェントの営業担当者によって、営業活動中は熱心だったが参加した後連絡がなくなることもあるでしょう。定期的にフォローするような担当者がおすすめです。

契約が終了する1ヶ月前に次回契約確認をするような人も良く、案件は1ヵ月~3ヵ月ぐらいの期間を更新していくのが一般的です。契約が終了する1ヵ月以上前に更新意思を確認したり、クライアントと折衝するような担当者が理想的と言えます。

案件に参加している間は現場の評価が気になりますが、現場からの評価をフィードバックしてくれるエージェントは優良です。現場評価をきちんとしてくれるところと契約すると良いでしょう。

 

さまざまなフリーランスエージェントがあり、契約する前にいくつか注意することがあります。複数の業者を比較検討し、アクセスしやすい場所がおすすめです。案件を多く持っているところが良く、中には福利厚生が整っているところもあります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧